面接の際の伝える前職の退職理由

転職の面接を受けるとなぜ前職を辞めてしまったのか訪ねられる事がありますが、前にいた会社の悪口を言ってしまう事は避けるようにしましょう。前に居た会社の悪口を言うと非常に良くない印象を持たれてしまう事になります。理由としては採用しても同じように悪口を言ってしまうのではないかと思われてしまうからです。また前職の給料が良くなったと言う事も避けなくてはならない事になります。給料を理由にしてしまうとお金だけが目的で面接を受けに来ているのではないかと感じられてしまいます。

また同様に会社の評判が下がってきた、社内の雰囲気が良くなかったと言う事も言わないようにしましょう。前職の退職理由を伝える際はなるべく自分が悪かったと言う事を伝えると自分の悪い部分まで分析する事が出来る人間だと思ってもらう事が出来ます。自分の悪い部分を冷静に分析する事ができれば仕事をしていく中で改善などもしていく事が出来るようになり、より良い従業員になってくれると面接官が思ってくれるので採用されやすくなります。また実際に退職してしまった理由の中に全く自分が関係ないかと言われればそうではありません。辞めた理由を分析してみる事も必要になります。

Copyright (C)2019夏場の面接での汗対策.All rights reserved.